目立たない矯正装置


=====================
舌側矯正
=====================

矯正装置を歯の裏側に装着して歯を動かすのが舌側矯正です。(上写真はハーフリンガル)
歯の裏側に装置が付いているため表からはほとんど見えません。


反対咬合で下の前歯が目立つ場合は上下の舌側矯正をお勧めしますが、ほとんどの方には上顎のみのハーフリンガルがお勧めです。

その理由は、下顎は舌側矯正だと歯がやや動き辛く、治療期間が長くなりがちで、舌触りも上顎の装置よりも気になるためです。

上顎はデメリットよりもメリットの方が多いため、見た目を気にされる方にはお勧めです。

=====================
審美ブラケット
=====================
セラミックや樹脂、コンポジット、プラスティック等、様々な材質があり、見た目や耐久性も異なります。

当院でも多くの種類のブラケットを試しましたが、現在はブラケットに通すワイヤーを押さえるクリアスナップと言う審美性と矯正力に優れたアタッチメントが使用できる、クリアブラケットというブラケットを主に使用しています。


材質は樹脂系のため長期間装着しているとブラケットがやや変色したり磨耗したりするデメリットはありますが、当院では多くの方が短期間の治療で済みますので、それらはほとんど問題となりません。

=====================
保定装置
(舌側固定リテーナー&エシックス)

=====================



以前は矯正ブラケットを外した後も歯の表に太い針金が見えるような保定装置(動かした歯を維持するための装置)を使用していましたが、当院では表からは見えないように裏側から細いワイヤーで固定したり(舌側固定リテーナー)、透明で薄く丈夫なマウスピースのような装置(エシックス)を使用して頂きますので、保定装置を周りに気づかれることはほとんどありません。

<<TOPへ



(C)ひん矯正歯科クリニック

powered by モバプラス