子供の矯正治療


治療開始時期
当院では通常前歯が永久歯に生え変わってから治療を行いますが、乳歯の反対咬合等で、どうしても早めに治されたいという場合はムーシールドという取り外し可能な器具を用いて治療を行う事も可能です。


↑ムーシールド

一般的には小学3、4年生くらいから始めると歯を抜かないで済む可能性が高くなりますので、小学校高学年になる前には一度専門医の先生に診てもらうと良いでしょう。

中学生以上の場合は、治療期間が受験などにできるだけかからないように受験終了後早めに開始されるのが良いと思われます。

小学3、4年生くらいから始めるのが一般的
その時期を過ぎてしまった場合は、受験の時期にかからないように


治療期間
小学生の間に第一段階の治療を行い、必要に応じて女の子なら中学校卒業後、男の子なら高校卒業後に、第二段階の治療を行います。

装置を付けて積極的に歯を動かす期間は第一段階で1〜3年、第二段階は必要に応じて行いますが1〜2年程度です。

第一段階 → 1〜3年
第二段階 → 1〜2年


成長期に治療を始めるメリット
歯を抜かないで治療を行える可能性が高くなります。

ある程度の成長コントロールが可能なため、上下の顎のバランスを改善する事ができます。

大人に比べて子供の方が一般的には歯が動く際の痛みが少ないようです。

咬み合わせを早期に改善する事により、顎の関節や歯への負担を減らす事ができると考えられています。
さらに後からでは改善が難しい

・歯肉退縮(歯ぐきが下がる)
・埋伏(歯が埋まって出てこない)
・乳歯の強直(乳歯が顎の骨とくっついてしまう)


などの問題点を早期に発見改善する事により、その後の永久歯に対する悪影響を最小限に留める事ができます。


治療が難しく観察を要するケース
実は成長期にあまり積極的に治療を行わない方が良い場合もあります。

例えば・・・
・重度の反対咬合のように上下の顎のズレが非常に大きい場合
・非対称(顎が横にズレている)が明らかな場合


このような場合は、成長に伴いそれらが悪化し途中で改善が不可能となることがあるのです。

そのような場合は成長期には積極的な治療を行わず、虫歯の管理や顎の成長観察を行い、成長終了後に一度で治す方が患者さんご自身の負担も少なくできますし、保険の適応が可能なため治療費もかなり抑える事ができるのです。

ただし、それらを成長初期(小学校低学年)で見極め、成長終了後に適切な治療を施すには専門的な知識と高度な技術を要しますので、顎のズレの大きな場合や遺伝的な要因が疑われる場合(両親あるいは祖父母に重度の不正咬合あり)は経験豊富な専門医を受診される事を強くお勧めします。


<<TOPへ



(C)ひん矯正歯科クリニック

powered by モバプラス