こんな歯並びは要注意!


鋏状咬合(すれ違い咬合)


自分や周りの人には気づかれ辛い不正咬合で、奥歯がすれ違い全くかみ合っていない状態のため、歯に対して強い横揺れの力を生じ、歯の寿命を著しく縮めます。

また顎の関節にも大きな負担がかかります。

一般の歯科治療では改善が困難で、将来的には大切な奥歯を抜くはめになり、その後の治療も大変困難です。

叢生(乱ぐい歯)


歯が重なっているため歯磨きがしづらく、虫歯になったり、大人になると歯槽膿漏にもなりやすくなります。

また、本来当たるべきではない歯が上下でぶつかりあうので、顎が横にずれたり歯を横に揺らしたりする力が働きます。
さらには歯ぐきが下がったり、歯が斜めに削れてしまう事もよく見うけられます。

受け口(前歯の反対咬合)


下の前歯が上の前歯により前方へ押されるため歯の動揺や歯肉退縮(歯ぐきが下がる)を引き起こす場合があります。

また下の歯が必要以上に出てきて歯が長く見えたり、前歯でモノを噛み切り辛かったりします。
さらに成長期では下顎前突を促進させる事もありますので注意が必要です。

上顎前突(出っ歯)


上の歯が前に出ているため目立ちやすく、転んだ際には歯をぶつけて破折する事もあります。

また上の前歯と下の前歯の間に下唇が入ってしまい、唇を閉じる事が困難です。
下の歯が上の歯の歯ぐきに食い込み、痕がついてしまうこともあります。

成人の場合は上の前歯の裏側の歯ぐきに下の前歯が食い込み痛みを伴う事もあります。
この場合は下の前歯を削ってもまた生えてきてしまうため一般の歯科治療では改善が困難です。
上の前歯の歯ぐきが下がってしまう事もあります。

埋伏歯(歯が埋まったまま生えてこない)&先欠


乳歯がいつまでも抜けなかったり、乳歯が抜けても永久歯が生えて来ない時は、生まれつき歯が足りない場合と、歯はあっても何らかの原因で生えて来ない場合とがあり、矯正専門医による診断が不可欠です。

そのままにしておくと、本来歯が生えてくる隙間に前後の歯が倒れてきたり、隙間が空いたままの状態になってしまいます。

歯さえ存在すれば矯正力を加えて牽引する事によりほとんどの歯を引っ張りだし排列する事が可能です。
ぜひ一度矯正専門医に相談される事をお勧めします。

開咬(前歯があいている)


奥歯しか歯が咬み合っていないため咬み砕く能力が低く、モノを大きいまま飲み込む事により胃腸への負担が増加します。

また口を閉じ辛いため口腔内が乾燥しやすくなり、病原菌の進入も容易になります。
さらに奥歯に過大な力が集中するため歯が削れたり、横揺れしたり、顎の関節への負担も増加する事があります。

舌突出癖等の悪習癖によるものと、骨格的な要因によるものがあります。
矯正による治療は可能ですが、後戻りし易く安定した咬合を維持する事が難しい不正咬合です。

非対称(顎が横にズレている)
下の顎が横にズレていたり、口元のラインが傾斜していたりする状態で、成長に伴って悪化する事も多いため、成長期に積極的な治療をするべきかどうか慎重な判断を要します。

咬み合わせにより顎が左右にズレるような場合は早めに咬合を改善する事により成長への悪影響を最小限にする事ができます。

遺伝的な要因や幼児期の外傷等による顎関節の変形等が原因と考えられています。

<<TOPへ



(C)ひん矯正歯科クリニック

powered by モバプラス