薬で治る歯周病


当院では歯周病の疑いのある患者様には治療前に顕微鏡検査を行い、口腔内の菌の状態を見ていただきます。
その後、歯周病の原因、予防法、治療法などについて詳しく説明させていただきます。


歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。

ところが、簡単に薬で治す方法が見つかったのです。
原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。
 
この治療法は21世紀に入ってから行われている方法で最新式の治療方法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。


この治療方法には4つの大きなポイントがあります
●位相差顕微鏡での菌の確認
●細菌の除去薬剤の内服
●カビ菌取り歯磨き剤での歯磨き
●除菌後の歯石とり



顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。
患者様のお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。


初診の菌の状態です。
カビ菌・歯周病菌が多数みられます。

患者様の症状としては、歯がグラグラして、噛むと痛みがあり、歯ぐきは腫れていて、口臭も気になる状態でした。


1週間後、菌は見て分かるほどに少なくなりました。

ただし、本来口にいるべき正常な菌は残っています。

口臭は少なくなり、口腔内のネバネバ感が無くなりました。
また、歯磨きでの出血も無くなりました。



お気軽にお問合せ下さい
0566-41-0346
お問合せフォーム

戻る

(C)かねます歯科
mobileplus.jp